ゴルフエピソード

「試合に出させて~」 スタート時刻に遅刻して競技失格のエピソード

2018年 08月 21日

★セベ・バレステロスが遅刻で失格!

アメリカ・ニュージャージー州にあるバルタスロール・ゴルフクラブにて開催された1980年の全米オープンは優勝が帝王ジャック・ニクラウス、そして日本の青木功が2位という大健闘を魅せた試合。今でも「バルタスロールの死闘」として語り継がれています。

※バルタスロールの死闘について紹介しているサイト:https://golfes.jp/yd-20160328-1/

この大会の2日目に事件が起きました。この年の4月に開催されたマスターズで優勝したスペインのセベ・バレステロスがスタート時刻に遅れて競技失格となりました。

※セベ・バレステロス :スペインのカンタブリア州ペドレーニャ出身のプロゴルファー。「セベ」の愛称で親しまれ、欧州ツアー50勝、米PGAツアー9勝、日本でも日本オープン2年連続優勝など全世界で91勝を挙げるなどし、ゴルフ史上に残る名プレーヤーの一人に数えられる。「ウィキペディア」

セベのスタート時刻は10時45分。

宿泊先のホテルを出るとき、すでに時間がない状況だったにもかかわらず、さらに交通渋滞に巻き込まれ、コースに到着したときはスタート時刻の直前! 急いでロッカールームに駆け込んでスパイクシューズをわしづかみにしてスタートティーに向かいました。

しかし、1番ホールのティーインググラウンドに到着したときには、同伴競技者のヘイル・アーウィンとマーク・オメーラの2人はすでに2打目を打ち終えてグリーンに向かって歩いているところでした。

「どうかプレーをさせてくれ」とスタート係の競技委員に掛けあいましたが聞き入れてもらえず、「競技失格」の罰を受けました。

 

★スタートの遅刻規定をゴルフルールに明記

当時、全米オープンの主催団体であるUSGA(米国ゴルフ協会)は、競技ルールにもローカルルールにもスタートの遅刻に対する優遇処置について、何も決められていませんでした。

しかし、「同伴競技者全員が2打目を打ち終える前にプレーできる状態でスタート地点に到着したプレーヤーには、競技失格とはせずに、最初のホールに2罰打を科した上でスタートを許す」ということを慣例としていました。セベはこの特別の計らいにも間に合わなかったということです。

この一件があって、1984年のゴルフ規則改定時に遅刻の規定が追加されました。

規則6-3(スタート時刻)において、注釈で「委員会は、プレーヤーが自分のスタート時刻後5分以内にプレーできる状態でスタート地点に到着した時、遅刻の罰を競技失格とはせずに、マッチプレーでは最初のホールの負け、ストロークプレーでは最初のホールで2罰打とすると、競技条件の中で決めておくことができる。」というものです。

この場合の「プレーできる状態」とは、1本のクラブと1個のボールを持ってさえいれば、特にゴルフシューズを履いていなくても、またゴルフ用の服装をしていなくても、その条件を満たしていることになるそうです。

 

★全英アマで起こった遅刻で失格殴打事件

その4年後の1988年、今度はイギリスでスタート時刻違反が起こりました。この時は「競技失格殴打事件」となってしまいました。

米国カンザスシティーのアマチュア選手、フレッド・ローランドさんは1988年の全英アマ選手権に出場するため4500マイルかなたの英国ウェールズへ飛びました。

フレッドさんは、仕事のあと毎日ウルフクリーク・ゴルフリンクスに通いつめ、熱心に練習を重ね、このクラブでは何度もクラブ・チャンピオンに輝いているカンザスシティーでは有名なアマチュア選手。

全米アマ選手権でも際立った活躍を見せた49歳のフレッドさんは自信に満ち溢れていました。

満を持してフレッドさんは、ウェールズの全英アマ開催地ロイヤルポースコール・ゴルフクラブへやってきました。

当日は天候が悪く、雨と強風が吹き荒れていました。彼は武者ぶるいを覚えつつ、雨の中1時間もティーインググラウンドでスタートを待っていました。横殴りの雨に傘も役に立たず、ズボンはずぶ濡れになってしまいました。

彼は着替えるために移動式トイレへ向かいました。やがてレインウェアを着込んで1番ティーに戻ってくると、競技委員長のマイケル・リース卿が近づいてきました。

「ローランドさん、さきほど名前を呼んだのですが、おられませんでしたね」

「ええ、ちょっと・・・」

彼はわずか1分の遅れでペナルティーが課せられるのかと悔やみました。

「じゃ、2ペナで始めます」

「いえ、失格です」

いきなり心臓を鷲づかみされたような気がし、膝ががくがくと震えだしました。

★たった1分・・・着替えている間の遅刻なのに・・・失格・・・

「待ってください・・・私は遠いアメリカから・・・それもカンザスシティーという辺境なところからやってきたんだ。どんな重いペナルティーでも受けるから、試合にだけは出させてくれ!」

「分かっています。あなたがアメリカ人であることを考慮して、私たちは2度もあなたの名を呼びました。本来は1度しか呼ばないところを。」

フレッドさんは凍りついたように嵐の中、茫然と立ち尽くしました。

たたみかけるようにリース卿は言いました。

「失格は失格です」

返す言葉もなく、気が付いた時には、手が出てしまっていました。

「ついカッとなってね。アメリカ人の醜態をさらしにわざわざウェールズまで行ったようなものだ」

 

当時の全英アマでは競技規則に「5分以内」の優遇制度は採用されていなかったのです。

現在のルールでは、上記ルールの「競技条件の中で決めておくことができる」という注釈がなくなっているので、スタート時刻の5分以内にティーインググラウンドに到着していれば、失格となることはありません。※現在のゴルフ規則6-3はこちら→http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/ch300/ch300_rule06.html

その後のフレッド・ローランドさんはというと、現在でもシニアの競技で活躍されています。これまでにカンザスシティーのアマチュア選手権では、あらゆるタイトルを取られています。そして75歳を超えた今でも毎日ウルフクリーク・ゴルフリンクスに通って、競技に出場しながらゴルフを楽しんでいるそうです。

やっぱりゴルフの魅力に一度憑りつかれた人は、そう簡単にはキライになれないようですね。

■参考文献
「マイク青木のゴルフルール事件簿」マイク青木著:日経ビジネス文庫
「生きがいはゴルフだけ」ブルース・ナッシュ&アラン・ズーロ著、山崎雄介訳:二見書房

*******************************

有馬カンツリー倶楽部へのご意見・お問合せは

TEL:079-565-2111

Mail:sinarima@gmail.com

サイト:http://www.arimacc.jp/

公式LINE

 

お気軽にお問合せください。

*******************************

Facebookとインスタグラムにおいて具体的なマナーやルールの事例を動画で毎日更新中!ぜひご覧ください。

Facebook:有馬カンツリー倶楽部

Facebook: 「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」

Instagram: golfmanners

*******************************

マイベスストプロ大阪 コラム掲載記事

「試合に出させて!!」~遅刻してスタート前に競技失格のエピソード

 

ディボット・スティックページはこちら

アマゾン・ショップはこちら

*******************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。