コース管理

今年もフェアウェイの≪種蒔き≫の季節がやってまいりました!

2017年 09月 15日

有馬カンツリー倶楽部では

冬にも緑の芝生でプレーできるように

寒い季節にも育つ種類の芝生の種を

毎年9~10月にかけて蒔いています。

 

その下準備として、

“バーティカット”という作業をおこないます。  バーティカットは芝生に何本ものスジ切りをする作業です。

のちに蒔いた種子が芝の隙間をぬって地表面まで落ちやすくし、

新芽が出やすくなる環境をつくります。

スジを入れると同時に余分な芝生を起こしながら切っていくので

芝生の上は切り取られた芝でモケモケに。

これではプレーができないので

スイーパー(掃除機)で吸い取っていきます。

今日、1番ホールからスタートしています。

1番ホールのフェアウェイだけで

2tダンプ3台分以上の芝カスが出ます。

これを18ホールも・・・ものすごい量です!!

そして最後にキレイに刈り揃えてプレーが出来る状態にして終了です。

今日は、1番ホール、5番ホール、7番ホールの3ホールの作業予定です。

バーティカットだけで1週間以上かかる予定。

そのあとようやく

種蒔き作業の開始です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。