マナー&ルール

スウェットパンツのゴルフウェアはあり?なし?

2018年 06月 9日

最近、ゴルフ用パンツとして、はき心地抜群のスウェットパンツが多くみられるようになりました。一見、身体にフィットしたスラックス?と見間違うようなものから、「えっ、寝間着じゃないの?」というものまで。

昔でしたら“ とうぜん論外! ”といわれていたのでしょうが、今はゴルフのカジュアル化に伴い、若いゴルファーに向けてよりカジュアルなシルエットと機能的な素材の新しいウェアがどんどんブランドメーカーから発売されています。

一方で紳士淑女のスポーツといわれるゴルフでは、エチケットやマナーを守ることが常に求められます。ゴルフのエチケットやマナーは自分のためにあるものではなく、周りの人に敬意を払い、気持ちよく過ごしてもらうためのルールです。服装についても自分の心地よさだけでなく、周囲に対する心地よさにも気を配る必要があります。

 

★ドレスコードでスウェットはOK?それともNG?

それも考慮にいれると、服装規定(ドレスコード)がないゴルフ場では、遠慮なく自由な服装でプレーを楽しんでいただければ良いと思います。ただし、服装の規定が定められているゴルフ場やゴルフ競技では、その規定を遵守しなければなりません。事前の確認が必要となります。

例えば、国民体育大会やゴルフ連盟主催等のアマチュアゴルフ競技の服装規定では、「ジャンパー・ブルゾン・ジーンズ・カーゴタイプ・スウェット・ジャージ・スリッパ・サンダル類の着用を禁止する。」とあります。

LPGA(日本女子プロゴルフ協会)では、「ジーンズ、迷彩柄のウェア及びポケットが膨らむヒダ付きカーゴタイプのパンツ(含むレインウェア)を着用してはならない。選手は、トレーナーを着る場合は襟を出すか上着を着なければならず、Tシャツについては女性らしいファッション性のあるもの(ゴルフメーカーがゴルフウェアとして、販売しているものは可。)であれば着用してよい。」となっています。スウェットについての明記がないので、メーカーがゴルフウェアとして販売していれば可ということでしょう。

服装規定のあるゴルフ場では、「スウェット、ジャージ不可」と明記されている場合や、「ズボンはスラックスをご着用願います。ジーンズやカーゴパンツのようなもの、あるいは迷彩柄などはお断りします。」などというように、基本的にはNGが多いようです。また、海外のゴルフ場においても、特に規定のないパブリックゴルフコースなどは問題ありませんが、メンバーズゴルフコースなどでは、以下のように書かれているところが多くあります。

「Tank tops, tee shirts, mesh shirts, sweat pants, warm-up suits, denim apparel, swim wear, short shorts, cut offs, gym shorts, tennis outfits or other athletic shorts are not permitted.」

たくさんNGが書かれていますね。Tシャツ、メッシュシャツ、スウェットパンツ、ウォームアップスーツ(トレーニングウェア)、デニム、水着などなど。イギリスなどではもっと細かく定められているコースもあります。それでは、なぜスウェットはNGとなったのでしょうか?

 

★スウェットの特長

日本ではスウェットを生地ではなく衣類として扱われていますが、本来スウェット(sweat)とは吸湿性の高い厚手の布で作られた、伸縮性、吸汗性、防寒性に優れたゆったりした生地のことです。スウェットとは英語で「汗」の意味であり、生地の分類としては綿ジャージー(メリアス)に分類されます。ジャージー(ジャージ)についても、いろいろ話はありますが、今回はスウェットだけに限定します。

スウェットを上着として呼称する場合はスウェットシャツ(sweat shirt)や、フード付きはスウェットパーカー(sweat parka)として呼ばれ、ズボンの場合はスウェットパンツ(sweat pants)と呼んでいます。それぞれ単独でも着用できますが、組み合わせてスウェットスーツ(sweat suit)としても着たり、上下ともに同じ柄のスウェット衣料を用いる場合を「セットアップ」とも呼びます。

 

★スウェットの歴史

最初にスウェットウェアをつくったのは、1919年に、アメリカのニューヨーク州で創立された“ チャンピオン(Champion)というブランドです。当初は、ニットセーターを製作するブランドでしたが、商品であったウール下着がアメリカ軍のために使われるようになり、そこからスウェットウェアの開発へとつながっていきます。

スウェットのような綿素材の衣類は、第二次世界大戦の最中にアメリカで生まれました。それまでは厚手で硬いウール素材の衣類を着ていた兵士たちでしたが、彼らの運動効率を上げるためにと、軽くて柔らかくそして吸汗性にも優れた綿素材の肌着が開発されました。それが現在のTシャツの誕生であり、また、スウェットウェアの誕生となりました。

その優れた機能性と着心地の良さから兵士たちのトレーニングウェアとして正式採用されると共に軍隊の中に留まらず、第二次世界大戦が終わるとやがて一般の人々の間にも広まっていったのです。

戦後、アメリカの大学構内にあるブックストアにて販売を開始されたことをきっかけに、流行に敏感なアメリカの若者はそれをファッションとしていち早く取り入れ、スウェットウェアはアメリカ国内のみならず世界中に広がりました。

 

★幅広い用途のスウェットウェア

1990年代初頭にはアフリカ系アメリカ人の間でジャズをサンプリングして生まれたブラックミュージック(ヒップホップ)と呼ばれる音楽が世界中で大流行し、そのファッションとして特にスウェットパーカーとスウェットパンツは無くてはならない存在となったのです。

また、元来はスポーツ選手が競技の前後に着たものであり、アメリカではトラックスーツ、トレーニングウェアとして用いられました。それが由来となって日本ではトレーナーと呼ばれるようになったとも言われています。

ポリエステルなどの化学繊維の発達により、昨今ではあまりスポーツウェアとしては利用されなくなってきましたが、その着心地の良さから寝間着にも用いられるほか、部屋着などリラックスして着用する場合の普段着、あるいは生地の厚さから怪我を防止する目的で軽作業用の作業着としても用いられるなど広く使われるようになりました。

 

★用途が広く、見る人によっての感覚が違いすぎるスウェット

このように、スウェットシャツやスウェットパンツは、トレーニングウェアからはじまり、若者のファッション、そしてルームウェアまで幅広く利用されるようになりました。

従来のゴルフ環境から考えると「トレーニングウェアでクラブハウスをうろつく、またコースに出るのは考えられない」ということでしょう。幅広い用途なだけに見る人によっては寝間着や部屋着にも見えるので、受け入れられない人がとくに多いことでしょう。

ゴルフウェアとして販売されていたとしても、ドレスコードを事前に確認して、スウェットをゴルフウェアとして着ることができるゴルフ場かどうかを判断しましょう。

「ゴルフのエチケットやマナーとは自分のためにあるものではなく、周りの人に敬意を払い、気持ちよく過ごしてもらうためのルールであり、服装についても自分の心地よさだけでなく、周囲に対する心地よさにも気を配る必要がある。」ということです。

*******************************

Facebookとインスタグラムにおいて具体的なマナーやルールの事例を動画で毎日更新中!ぜひご覧ください。

Facebook: 「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」

Instagram: golfmanners

*******************************

マイベスストプロ大阪 コラム掲載記事

ディボット・スティックページはこちら

アマゾン・ショップはこちら

****************************

有馬カンツリー倶楽部の『新しいゴルファーを作ろう計画』案内ページはこちら

初心者プレーについてのお問合せ

TEL:079-565-2111

E-Mail:sinarima@gmail.com

ゴルフルールなどについてもお気軽にご相談ください。

*****************************

 

こちらの記事も人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。