ゴルフ振興

ゴルフ場ではじめてプレーした感想(大学生アンケート結果から)

2018年 05月 19日

★大学ゴルフ授業『Gちゃれ』

有馬カンツリー倶楽部では、【新しいゴルファーを作ろう計画】を実行しています。その計画のひとつが、大学ゴルフ授業『Gちゃれ』です。

現在「ゴルフ授業」は全国述べ580の大学で実施され、年間数万人~10万人の学生が受講する人気の講義です。(※2014年大学ゴルフ授業研究会調べ)

しかし、授業に使用するゴルフ用具は古いものが多く、ほとんどの大学は学内施設のみの授業で、学生たちは実際のコースを経験できていません。

こういった問題を解決するために、大学ゴルフ授業研究会と日本ゴルフ場経営者協会が協力して発案された大学授業とゴルフ場との接続プログラムが「Gちゃれ」です。実際のゴルフ場を通じてプレーやマナーを学び、本物のコースを体験することで学生のゴルフ継続意欲の向上を目的としています。

2017年、58人の学生が大学のゴルフ授業を受講するために有馬カンツリー倶楽部に来られました。ほとんどの学生が「ゴルフ場に来るのは初めて!」。

ここでは、授業終了時に書いてもらったアンケートの一部をご紹介していきます。はじめてゴルフ場でプレーしたときのことを思い出しながらご覧ください。

 

Q1.ゴルフ場に来る前に比べてゴルフやゴルフ場に対するイメージは変わりましたか?

・想像していたよりも広くて、自然が豊かで、気持ちよかった

・行く前は大人の人しか行けないところだと思っていたが、学生の私たちでも楽しむことができた

・もっとおじ様が多いイメージがあったが、女性の方も多くて自分でまた来たいと思った

・ゴルフがうまくないとゴルフ場に行ってはダメだと思っていたが、サポートしてもらうと少しはゴルフらしいことができると思った

・普段の生活の中では体験できないことができて、すごく楽しかった

・ゴルフを始める前は社会人になったら必要だからと思っていたが、今は趣味としてゴルフをしたいと思った

・想像していたよりも実際にやってみるとすごく楽しく、時間があっという間に感じられた

・ゴルフにはたくさんのマナーがあるが、自分だけでなく、後に使う人が気持ちよくできるように気配ることが大切ということを知った

・正直なめていました

・今まではお金持ちがするスポーツだと思っていた

・地味なスポーツだと思っていたけど、やってみるとすごく楽しかった

 

Q2. 学内や練習場でのゴルフ(授業)とゴルフ場でのゴルフで最も違うと感じた点はどんなことですか?

・学内の授業では、ただ打っていたという感じで、ゴルフの本当の面白みはゴルフ場でプレーしてみないと分からないと感じた

・1ショット1ショットずつ失敗しないようにしないといけないところ

・コースをまわるのが、やっぱり1番楽しかった。カートにも乗れて最高だった!

・スイングの強さを変えたり、状況に合わせて打つのが本当に楽しかった。失敗したときは悔しいが、それもまた面白いと感じた

・芝生で打つときの感覚がまた違って面白かった

・遠くに飛ばせたときやキレイに打てた時の気持ちよさがまったく違った

・みんなが楽しくできるように声掛けが大切で、コミュニケーションが大切だと思った

・いろんなトラップがあるから、臨機応変に打ち方を変えないといけない

 

Q3. 最も楽しかったゴルフシーンを具体的に教えてください

・ドライバーで音がキレイに鳴って遠くに飛んだこと

・コースを回ったことがとても楽しかった。本当に練習して上手くなりたいと思った

・コースを回ってるときにバンカーにボールが入ったけど、それを1回で出せたとき

・グリーンに入ってから1回で終われた時は、とてもうれしかった

・90ヤードのコースのとき、1回目でグリーンに乗ったことがうれしかった

・ボールが良いところに飛んで行ったり、外れたときに仲間でワイワイ出来たことが楽しかった

・グループ全員に良いショットがでたとき

・最後にカップインした瞬間が1番楽しかった

・カートに初めて乗れて楽しかった

・狙ったところにボールが飛ぶと、とても爽快感を感じ楽しかった

・飛んだ時の音がめっちゃイイ!

・ドライバーでぶちかました時の気持ちよさ!

・初めてパーをとれたこと!

・ボールを遠くに飛ばせたこと全部!

Q4. ゴルフを通じて学んだことや大切だと思ったことを教えてください

・とくにマナーが厳しく、いろんなルールがあって覚えることが多く、それを実践するとなると難しかった

・ゴルフマナーについて詳しく知る事ができた

・ゴルフは紳士的なスポーツであるということ

・マナーの大切さが分かった

・集中力が大事だと思った

・協力しあうこと

・人に対する気遣いや思いやりなど

 

★考察1・・・ゴルフをしない人は概ねゴルフに対して“ネガティブ”なイメージを持っている

上記3つの質問について、好印象の意見ばかりですが、参加学生の全員が「楽しかった」「またゴルフ場でプレーしたい」と言ってくれました。精一杯ゴルフを楽しんでもらうように努力をした結果だと思っています。

このアンケート結果から見えるのは、ゴルフをしない人のイメージは概ね“ネガティブ”ということです。自ら進んでゴルフを始める人が大勢いるという環境には程遠いと感じました。その分、実際にゴルフ場でプレーしてみたとき、それ以前に思っていたイメージとのギャップが大きく、たった一度の経験でも「もっとやってみたい!」という思いに変えることは可能だと思いました。

半面、せっかくゴルフ場でプレーしても楽しくなければ、以前からのイメージと重なって「やっぱりな・・・二度としない」と思わせてしまうことも簡単なことだと思いました。

★考察2・・・楽しみながらでも、ゴルフの本質を伝えることができる。ゴルフは学びの宝庫!

周囲の人とゴルフを楽しむためには、気配りや思いやりが大切であることを学生のみなさんは、しっかり見抜いてくれていました。ほんの少しの経験でもゴルフの本質を正しく見抜く力が大学生にはあるんだな、もしくはプレーを通じて、自然にそういうことを学ぶことができるんだなと思いました。

やはりゴルフには協調性や判断力、誠実さや礼儀など、プレーを通じて学べる要素がたくさんあるということを改めて感じることができました。

*******************************

有馬カンツリー倶楽部では、大学生だけでなく、一人でも多くの人にネガティブイメージを覆すぐらい、楽しくゴルフを始めるためのきっかけづくりをしていきたいと思います。

大学ゴルフ授業で「学生をゴルフ場に連れていってやりたい!」と思っている担当の先生並びに関係者の皆様、何なりとお声かけください。

「将来のためにゴルフをはじめたい!」と思っている方、「ゴルフをはじめさせて、そのうち一緒にプレーしたい!」という人が周りにいる方、ぜひ有馬カンツリー倶楽部にご連絡ください。

「ゴルフをはじめたい!」「ゴルフをはじめさせたい!」という想いを応援します!

*******************************

有馬カンツリー倶楽部の『新しいゴルファーを作ろう計画』案内ページはこちら

初心者プレーについてのお問合せ

TEL:079-565-2111

E-Mail:sinarima@gmail.com

お気軽にご相談ください。

*******************************

Facebookとインスタグラムにおいて具体的なマナーやルールの事例を動画で毎日更新中!ぜひご覧ください。

Facebook: 「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」

Instagram: golfmanners

*******************************

マイベスストプロ大阪 コラム掲載記事

ゴルフ場ではじめてプレーした感想(大学生アンケート結果から)

*******************************

ディボット・スティックページはこちら

アマゾン・ショップはこちら

*******************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。