ディボット・スティック

新素材「完全生分解性プラスチック」のディボット・スティックが完成!

2019年 07月 1日

スターバックスやマクドナルドが使い捨てのプラスチックストローを取り止めるニュースをきっかけにして、プラスチックごみへの関心が高まっています。

「廃プラスチック問題」の画像検索結果

先日のG20大阪サミットでは、国際問題となっている海洋プラスチックごみ(廃プラ)を2050年までにゼロにする目標導入が合意されました。

ディボット・スティックも素材はポリプロピレンというプラスチック素材で出来ています。ティーペグとして使えるために、ティ周辺での廃棄が少なからず問題になっています。

そこで3年前から完全に分解できる素材を探し、実験を繰り返してきましたが、従来のものでは弾力性がなく、簡単に折れてしまい、とても製品化できるものではありませんでした。

しかし、

ようやく製造していただいているフルヤ工業株式会社様が素晴らしい完全生分解性素材のプラスチックを見つけてくださいました。

実際に使用したところ、ポリプロピレン同様の強度でありながら、弾力性はさらに向上しているので、ティーペグとして利用しても、以前にも増して折れにくくなりました。当然、ボールマーク修復具としても問題ありません。

ただ一つだけ問題が、、、

1本あたりの価格が通常の4倍になること。。。

生分解性プラのディボット・スティックの販売はまだ未定です。

 

現在、完全に分解されるまでの期間を実験しています。

↓↓↓ 2019年4月24日実験開始!

↓↓↓2019年7月1日 まだ目に見える変化なし!

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

よろしくお願いします。

ディボット・スティックの一般販売サイト

※生分解性素材のディボット・スティックはまだ販売しておりません

・ディボット・スティック販売サイトはこちら→http://www.arimacc.jp/divot-stick

・アマゾン・ショップはこちら→https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00I17H7SM

***********************

ディボット・スティックや有馬カンツリー倶楽部についてのお問合せは

・TEL:079-565-2111

・Mail:sinarima@gmail.com

・オフィシャルサイト→ http://www.arimacc.jp

・Facebook:有馬カンツリー倶楽部→https://www.facebook.com/ArimaCountryClub/

・Instagram:有馬カンツリー倶楽部「arimacc1960」→https://www.instagram.com/arimacc1960/

・公式LINE

 

お気軽にお問合せください。

***********************

Facebookとインスタグラムにおいて具体的なマナーやルールの事例を動画で毎日更新中!ぜひご覧ください。

・Facebook: 「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」→https://www.facebook.com/Golfmanners/

・Instagram: golfmanners→(https://www.instagram.com/golfmanners/)

***********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。