マナー&ルール

「空振り」と「素振り」、決めるのは誰?

2018年 02月 11日

★「空振り」と「素振り」は打つ意思の「ある」「なし」

プレーヤーがボールを打とうとしてクラブを振ったけど、ボールに当たらなかったことを「空振り」といいます。

プレーヤーがボールを打って動かすという意思を持っていなかった場合のスイングのことを「素振り」といいます。

ゴルフの場合、「空振り」は「ストロークした」とみなし、まったくボールが動いていない場合でも1打となり、次打はそのままの状態から打たなければなりません。

ゴルフ用語で「ストローク(Stroke)」とは、ボールを打つ意思を持ってクラブを振る動作のことを指します。しかし、クラブヘッドがボールに届く前に、プレーヤーが自分の意思でスイングを途中で止めたときは、プレーヤーはストロークをおこなったことにはならないとされています。この場合は「素振り」と同じとみなされます。

つまり、「素振り」やボールを打つ直前でスイングを中止してしまった時などは「空振り」とはならず、打数に数えられません。しかし、プレーヤーの意思でスイングを中止したにもかかわらず、その勢いでクラブがボールに当たってしまった場合は「素振り」とは認められず、1打と数えられます。

 

★「空振り」か「素振り」を決めるのは誰?

空を切ったスイングで、「空振り」か「素振り」かの判断は誰がするのでしょうか?

ティーインググラウンドでは同伴プレーヤーやキャディーなどが見ていますが、ホールの途中では誰も見ていません。いったい誰が判断するのでしょうか?

 

ゴルフは審判のいないスポーツですので、自己申告が基本となります。

ストロークの意思があったかどうかはプレーヤー自身が一番よくわかっているはずです。打ってもいないのに1打をカウントするのは、もったいない気がするかもしれませんが、潔く「空振りです!」と主張したほうが、その後のプレーを気持ちよくできると思いませんか? 確実にボールの真上を通過しているのに、「今のは素振り!」と主張すれば、それ以上追及されないかもしれませんが、一瞬にしてまわりの視線は冷ややかなものとなってしまいます。

ビギナーの場合は「空振り」する事も珍しくありません。ビギナーの間は「空振り」も愛嬌です。みんなが見ていますからね。素直に認めて笑い飛ばした方がかえって場を和ませます。

★「空振り」の風圧でボールが動いてしまった!

「空振り」の勢いで、触れていないのにティーアップしているボールが動いて落ちるということがあります。当たった感触は全くありません。

こんな時、どのようにすればよいのでしょうか?

落ちたボールを再びティーアップして打ちたいというところですが、これを行うとペナルティーが付くことになります。「空振り」であってもボールが動いた時点でインプレーとなり、ティーアップし直して打つ時は3打目ということになります。転がったボールをそのまま打つと2打目を打ったということになります。

ただし、明らかに打つ意思のない「素振り」のときは、罰なしにボールを戻すことができます。

処置の方法も打つ意思が「ある」か「ない」かで決まるんですね。

 

★ホール途中での「空振り」は要注意!

フェアウェイやラフにあるボールのそばで「素振り」をしていると、「空振り」と間違われることがあります。明らかに「素振り」と判るように、少しボールから離れるのが肝心です。

ホールの端っこの急斜面など打ちにくい場所で「空振り」してしまった! すぐに周りを見たら誰も見ていません。
つい何事もなかったように「素振り」にしたことはありませんか?

審判のいない紳士のスポーツは大変です。こんなところにまで正直さを求めるなんて・・・

誰も見ていないようで、誰かが見ているかもしれません。そう考えてしまうような方は、後に尾を引きますので、誰も見ていないと思っても誤魔化さないで気持ち良く「空振り」の1打をカウントしましょう。

すると、ホールアウトして同伴プレーヤーからスコアを聞かれたとき、「えっ!1打多いんじゃない?」と言われることがあります。「いや~、1回空振りしたんで!」と答えると、「へ~そうなんだ」と言われて好感を持たれるかもしれません。

別の見方をすると、他人のスコアもしっかり見てくれているということです。たった一度の誤魔化しで「あ~そういう人なんだ」と思われるのも嫌ですからね。

 

まずは「空振り」をしないように練習しましょうね!!

*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティックページはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************

こちらの記事も人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。