マナー&ルール

覚えておいて損はないゴルフマナー ティーインググラウンド編

2018年 07月 4日

★前回、パッティンググリーン編を掲載しました

覚えておいて損はないゴルフマナー パッティンググリーン編

前回、当倶楽部の社員研修用に作成していた「ゴルフマナー集」の中から、パッティンググリーンでのマナーや簡単なルールを掲載しました。Facebookでは、多くのみなさまに「いいね」や「シェア」をしていただいたり、多数の「コメント」もいただきました。ありがとうございます。みなさまと共有でき、心からうれしく思います。

パッティンググリーン編では「グリーンカラー」「エッジ」で使用するクラブについて「パターを使って!」という記事に対してのコメントをいくつか頂戴しました。

「グリーンカラー」「エッジ」はスルー・ザ・グリーンですので、ルールの上ではどのクラブを使用しても構いません。ただ、短く刈り込まれたグリーンカラーやエッジは、ベントグラスなどグリーンと同じ芝生が使われている場合がほとんどです。

もしもエッジでアイアンを使用し、深く削り取ってしまうと、ターフが回復するまでに何か月も掛かってしまいます。そうなると他のプレーヤーに迷惑が掛かりますし、長期間に渡って見た目も悪いので、コース管理が新しい芝生と張替えをすることでしょう。

ゴルフ規則第1章エチケット内「コースの保護」の観点から、やむを得ない場合を除いては、芝生を削らないクラブの選択、できればパターを使っていただきたいということです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

★今回はティーインググラウンド編

2回目の今回は、ティーインググラウンドでのゴルフマナー編を掲載させていただこうと思います。2019年1月1日からは、ゴルフ規則の改正により、ネーミングが「ティーイングエリア」に変わります。このエリアでのマナーは、パッティンググリーンほど多くはありませんが、安全に対する配慮や同伴者や他の組への配慮など、とても気配りが大切なエリアといえます。一日楽しくゴルフをするために大切な最初の場所が、ティーインググラウンドです。ぜひ、共有してください。


このほかにも、注意すべきことや知っておいた方が楽しくゴルフができることなど、お気付きの点がありましたら、ぜひお知らせください。

*******************************

参考文献:「ピーターたちのゴルフマナー」鈴木康之著

鈴木様にはこのマナー集の作成に際し、監修をしていただきました。こころより感謝申し上げます。

*******************************

有馬カンツリー倶楽部及び今回のマナー集へのご意見やお問合せは

TEL:079-565-2111

Mail:sinarima@gmail.com

お気軽にお問合せください。

*******************************

Facebookとインスタグラムにおいて具体的なマナーやルールの事例を動画で毎日更新中!ぜひご覧ください。

Facebook: 「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」

Instagram: golfmanners

*******************************

マイベスストプロ大阪 コラム掲載記事

ディボット・スティックページはこちら

アマゾン・ショップはこちら

****************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。