キャディー

7月8日(日)より営業再開です!新しいNo.17ショートホールが誕生!?

2018年 07月 7日

本日(7日)は昨日に引き続き、クローズ(休場)とさせていただきました。

7日13:00現在、当倶楽部では雨は上がっております。

 

当倶楽部は明日8日より営業を再開いたしますが、

この大雨は場所によっては明日の朝まで続く予報ですので、十分ご注意ください。

 

コース内の状況ですが、一部カート道路に陥没が見つかったため、

明日からは一部変則な形でラウンドしていただくこととなります。

 

陥没が見つかったのは、No.17ショートホールのティーインググラウンドとグリーンを結ぶカート道路。

 

この陥没箇所のすぐ横は、この大雨で自然に池ができた場所…

(昨日の様子。この写真の向う側が陥没した箇所です。)

 

この溜まった水の影響で、カート道路が陥没してしまいました。

(今日の様子。水を吸い上げ、だいぶ量は減りました。)

 

このような状況ですので、しばらくはNo.17ホールのカート道路が通行できません。

そのため明日からは急遽特設したティーインググラウンドからプレーしていただきます。

 

どん!

しばらくはここをNo.17ショートホールのティーインググラウンドとさせていただきます。

 

当倶楽部のコースを熟知されている方はおわかりかと思いますが、

ここは本来のティーインググラウンドから見て、グリーンの左側カート道路のさらに左上。

100ヤード弱の打ちおろしショートホールとなります。

 

下の写真はその前のNo.16ミドルホールのセカンド地点。

明日からはNo.16をホールアウトした後、カートでセカンド地点まで戻り、そこを右へ…(写真では左へ)

 

そこが新しいNo.17へと続く道となります。

写真ではわかりづらいですが、この林の中を抜けていきます。

(看板を設置しておりますので、迷う心配はありません!)

 

そしてこの林を抜けると、新しいNo.17のティーインググラウンドへ到着です。

 

いつもは長い長いと言われるNo.17ショートホール(バックティから190ヤード)ですが、

明日からはなんと100ヤードちょっとです。

しかし、グリーンの手前と奥にはバンカーがあり、グリーンは右奥が下がっている2段グリーン。

さらには打ちおろしという条件も重なり、とても難易度が高いショートホールになってしまいました。

高い球で止めるのか、強烈なスピンで止めるのか、プレーヤーの腕が試される新しい名物ホールの誕生です。

 

新しいNo.17ショートホールをラウンドしていただけるのは、今だけです!

ゴルフとは、大自然を相手にするスポーツです。

ご来場いただいた方には、大自然の驚異によって生まれた新しいNo.17を思う存分ご堪能ください。

 

7日13:00現在、有料道路だけでなく一般道路でも通行止め、鉄道も運休や運行見合わせが続いています。

道路の通行止めや鉄道運行見合わせは、いつ解除になるかわかりません。

明日のご来場予定の方は、朝の最新の交通情報を確認してから行動してください。

 

最新の高速道路の情報はこちら→https://ihighway.jp/pc/map/map.html?area_id=area_06

最新の一般道路の情報はこちら→http://www.mlit.go.jp/road/traffic/

最新の六甲・六甲北有料道路の情報はこちら→http://www.kobe-toll-road.or.jp/realtime/index.php

最新のJR列車運行状況はこちら→https://trafficinfo.westjr.co.jp/sp/kinki.html

 

その他コース状況などは、ゴルフ場にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

********************

有馬カンツリー倶楽部へのお問い合わせはこちら

TEL:079-565-2111

Mail:sinarima@gmail.com

********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。