おみやげコンペ

9/27オープンコンペのおみや(参加賞)は京都 鶴屋 鶴寿庵さんの京ちゃふれ

2018年 09月 16日

毎月最終木曜日は、オープンコンペ“おみやげコンペ”を開催しています。

次回9/27(木)の参加賞は、

京都 鶴屋 鶴寿庵さんの『京ちゃふれ』

『京ちゃふれ』は、宇治抹茶を使用した生地に、抹茶チョコレートをはさんだ洋風和菓子。上質な抹茶の風味が香るしっとりやわらかい生サブレです。

「ここの京ちゃふれが本当においしいです。プレゼントにもすごく喜ばれます。しっとりしていて抹茶好きにはたまりません。京都土産にもよいですね」という声があがっているほどの逸品です。

京都 鶴屋 鶴寿庵さんは、幕末維新で有名な新撰組の屯所だった壬生屯所旧跡”八木邸”の入り口に建っており、その八木家が経営されている和菓子屋さんです。

八木家は、鎌倉時代初期に遠祖八木安高によって起こったと言われています。源頼朝の富士の裾野の巻狩りの時、関東一円を震撼させた白い猪を射止めた功績で、頼朝より今の家紋(三つ木瓜)を拝領されたそうです。

十数代の後、織田信長、豊臣秀吉が権勢を誇っていた天正年間中に、京・洛西壬生村に居を構え、江戸時代には十家程の郷士(壬生住人士)と共に、村の経営や壬生狂言に携わり、代々村の行司役をも勤めていました。

幕末になり、江戸より浪士を預かり、後の“新選組”発足に尽力されました。

一方で、壬生は往古より湧水の出るところで、水質にも大変恵まれ、壬生菜、菜種、藍などの産地でもありました。その藍で染めた水色は壬生の色でもあり、壬生狂言に使用する手拭いの色にも古くから使用されています。新選組が使っている羽織の段だら模様の水色は、この壬生の色を拝借したものだそうです。

八木家は、天正年間より当代まで15代を数え、昭和40年に御菓子司“京都鶴屋”として創業、新選組発祥の地に由来する「名物 屯所餅」や独特の食感の「鶏卵素麺」から、各種羊羹、おぜんざい、そして、京の四季を題材にした生菓子まで、心を込めて京都の和菓子を届けられています。

********************

ぜひオープンコンペに参加してゲットしてください。

コンペですので、飛び賞もご用意しています。
前半のハーフで集計して順位が出るので、表彰もお待たせすることはありません。

********************

★おみやげコンペは、お一人様のエントリーが可能です!

直接ご連絡頂くか、1人予約ランドなどポータルサイトからのご予約ができます。

1人予約ランドはこちらhttps://www.valuegolf.co.jp/sma/one/index.cfm?pid=VRqqfVsLy742w4

楽天GORA1人予約専用プランはこちら→https://search.gora.golf.rakuten.co.jp/?menu=srch_solo&act=disp&c_id=280016&order=play_day&l-id=smart_courseguide_single_280016#search_result

★1人予約プランはオープンコンペ以外にも設定しております。ぜひエントリーしてください。

*******************************

ご予約はHP、ポータルサイトまたはお電話にて受け付けています。
皆様のご参加をお待ちしています。

*******************************

有馬カンツリー倶楽部やおみやげコンペ

に対するご意見・お問合せは

TEL:079-565-2111

Mail:sinarima@gmail.com

お気軽にお問合せください。

オフィシャルサイト:有馬カンツリー倶楽部

公式LINE:

 

*******************************

 

Facebookとインスタグラムにおいて具体的なマナーやルールの事例を動画で毎日更新中!ぜひご覧ください。

Facebook:有馬カンツリー倶楽部

Facebook: 「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」

Instagram: golfmanners

*******************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。