記事

ゴルフコース de レクサス展示会

2018年 10月 11日

レクサス宝塚様とのご縁により、ゴルフ場でのレクサス車店舗外展示会を行うこととなりました。10月11日より31日までの間、クラブハウス周辺の芝生の上に様々なレクサス車を展示してまいります。

日によりまして車種、台数は異なりますのでその都度お知らせさせて頂きます。

まず初めに、レクサスのフラッグシップ2ドアクーペ【LC500】を10月11日より1台、1番ホールのティーグラウンドの後ろにて展示しております。

★レクサス(LEXUS)

レクサスは、1989年から北米で展開をスタートしたトヨタのラグジュアリーブランドです。現在では世界65ヵ国以上で販売するまでに発展し、日本国内では2005年から正式にレクサスとしてネットワーク展開を開始されています。

黒い壁面を持つガラス面の大きなショールームでは全国で例外なく統一されたCIが採用され、接客にも独自のプログラムを用いてレクサスの世界観を表現しています。この接客にはさらには日本をはじめとする内外の高級ホテルのコンシェルジュや百貨店の外商から研修を受け、ラグジュアリーブランドにふさわしい最高のおもてなしを目指されています。(参考記事:GQJAPAN)

※CIとは:コーポレート・アイデンティティ(英: Corporate Identity 略称: CI)は、企業文化を構築し特性や独自性を統一されたイメージやデザイン、またわかりやすいメッセージで発信し社会と共有することで存在価値を高めていく企業戦略のひとつ。

プレスリリースによると、2005年に国内でのレクサス販売を開始して以来、現在では11車種を展開し、2018年3月末時点で国内における累計販売台数が50万台を達成したことを発表されています。

2017年には、フラッグシップクーペ「LC」の発売や、フラッグシップセダン「LS」のフルモデルチェンジなど、新世代レクサスとしての変革を進めてきました。今後もお客様に驚きと感動を提供するラグジュアリーライフスタイルブランドとしての取り組みを続けられるということです。

 

 

★レクサス【LC500】

トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジャリークーペ『LC』を発売。2012年にデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー『LF-LC』の革新的なデザインイメージをモチーフに開発されました。

チーフエンジニアを務める佐藤恒治氏は同日都内で開いた発表会で「レクサスのクルマ造りを変える挑戦の象徴として、このクルマの開発に取り組んだ」と明かし、「レクサスがよりエモーショナルなブランドになるために、お客様の感性に訴えるデザインと走りを備えたブランドを象徴するラグジャリークーペが必要だった」ことが背景にあると佐藤氏は語りました。

「7人の匠と呼ばれる専門技能士を中心にレクサスのものづくりの技を磨き、1台1台こだわりぬいて、ひとつの作品として世に送り出される」という佐藤氏は、コンセプトカー『LF-LC』を見たときサスペンションもエンジンも入るスペースのないほど低いシャシーを見て「市販車として実際に走らせるのは到底不可能と思った」とそうです。しかし半年前に米国でGSを発表したとき否定的な意見が多かったのに対して、『LF-LC』は「このデザインは今後のレクサスが進むべき方向を示している」「レクサスはこういうクルマをつくれるブランドであって欲しい」と非常に評価が高かったことから開発が決まり、最終的にコンセプトに近いデザインで開発することができたということです。

レクサス『LC』は「2016年北米アイズ・オン・デザイン・アワードのベストデザイン賞・ベストプロダクションカー賞」を受賞。プロダクションカーデザインオブザイヤーは、世界の自動車デザイナー20名が審査を行い、毎年決定している賞です。LCは、一度見たら忘れない表情、クーペならではの美しいボディラインなどが評価され、受賞となりました。(出典: http://response.jp、wikipedia)

『LC500』のボディサイズは、全長4770mm、全幅1920mm、全高1345mm、ホイールベース2870mm。低重心かつ低い全高とワイドな全幅でアグレッシブなスタンスを実現し、四隅のタイヤを強調するフェンダーが張り出した、抑揚ある立体構成でクーペとしての機敏さを表現しています。

インテリアは、ドライビングの高揚感を演出するコックピット空間と、乗員を包み込むおもてなしの助手席側空間を融合し、艶やかさと先進的な機能性とを兼ね備えた独自のラグジュアリー性を表現。また、ペダルやスイッチ類の配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、徹底した走り込みに基づく細部にこだわったレイアウトを実現しました。

『LC500』は、最大出力477ps、最大トルク540Nmを発生する5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンと新開発10速ATとの組み合わせとなり、低速から力強い駆動力を生み出しパワフルな走りを実現しています。

気持ち良い走りを五感で感じ取れるように、LCは独自のサウンド哲学を持って音を作り込みました。加速時にはエンジンサウンドに気持ちが高ぶり、クルージングでは静かな室内でオーディオサウンドに浸る。動と静を際立たせることでお互いの印象を高め合い、サウンドと一体となったドライビングを提供します。

カラーは選べる11色。

ゴルフコースにやってきたのは高彩度の輝きを放つ「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」。レクサス独自の先進塗装技術が生み出したエモーショナルカラー。ボディの抑揚を際立たせ、スポーティさを強調したカラーです。

今回のゴルフコースとのコラボレーションは、このような徹底されたブランド戦略の一環で実現しました。

この機会に、圧倒的な存在感と匠の技による造形美をぜひ間近でご体感頂ければ幸いです。

ゴルフ場ならではの四季折々の季節感の中で、ショールームとは違ったシチュエーションをお楽しみください。

常時ではありませんが、レクサス宝塚様から説明スタッフが来られます。スタッフ駐在時は試乗もできます。(※車種の選択はできません)

レクサス全車種掲載パンフレットをゴルフ場クラブハウスに置いております。またご要望によってパンフレットを郵送させていただくことも可能です。

皆様のお越しを心よりお待ち申しあげております。

*******************************

◆レクサス展示会

開催期間
10月11日(木)~31日(水)

開催時間
午前7時30分~午後4時(天候他により変動ございます。)

レクサス宝塚へのお問合せは

〒665-0844 宝塚市武庫川町6-36

TEL:0797-69-2001

オフィシャルサイト:https://lexus.jp/lexus-dealer/dc/info/25458

オフィシャルFacebook:https://www.facebook.com/LexusTakarazuka/

*******************************

有馬カンツリー倶楽部への

ご意見・お問合せは

TEL:079-565-2111

Mail:sinarima@gmail.com

お気軽にお問合せください。

オフィシャルサイト→ http://www.arimacc.jp

有馬カンツリー倶楽部オフィシャルFacebook→https://www.facebook.com/ArimaCountryClub/

公式LINE

 

*******************************

Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!ぜひご覧ください。

「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」Facebook→https://www.facebook.com/Golfmanners/

*******************************

ディボット・スティックの一般販売サイト

ディボット・スティック販売サイトはこちら→http://www.arimacc.jp/divot-stick

アマゾン・ショップはこちら→https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00I17H7SM

*******************************

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。