レストラン

期間限定!丹波篠山の黒大豆枝豆 販売中!

2018年 10月 12日

★丹波篠山の黒枝豆

夏のビールのおつまみの定番といえば枝豆ですが、そもそも「枝豆」は「大豆」と同じ豆というのはご存知でしたか?
大豆が完全に成熟する前に収穫したものが枝豆なのです。

また大豆には、アントシアニンが含まれる黒い品種があります。中でも「丹波篠山の黒豆」は、高品質で全国的に有名な黒大豆。この黒大豆が成熟する前に収穫したものを「黒枝豆」といいます。

さや表面には産毛があり、黒ずみや茶褐色の斑点が出るのが丹波篠山黒枝豆の特徴です。

丹波黒大豆は粒が大きく、熟期が十分にあり、旨味、食品の芳香感、もちもち感が絶妙。枝豆、枝豆ごはん、揚物、サラダ、コロッケ等して食べます。

栽培歴史は古く、1799年(寛政11年)の丹波国大絵図に「黒大豆(くろだいず)」と記載され、その起源はさらに古いと言われています。丹波地方で栽培されていた在来種(波部黒)の品種特性の把握を行い、1941年に「丹波黒」と命名。丹波黒の枝豆が本格的に市販されるようになったのは1987年で、人気漫画「美味しんぼ」で最高の枝豆として画かれて以降、全国的に知られるようになりました。

普通の枝豆は6月に収穫されますが、黒枝豆は9月中旬~10月に収穫されます。黒枝豆のサヤは茶色の斑点があり、晩秋になるほど変色が進みます。これは品質が落ちているのではなく、黒豆特有の色素によるもので、おいしさを見分けるひとつの方法でもあります。

特に10月中旬から収穫する丹波篠山の黒枝豆は、粒が大きくて味に深みがあり、ほくほくとした食感が楽しめます。

篠山市では、丹波篠山黒大豆枝豆が本当に美味しい旬の時期の始まりをお知らせし、生産者や販売者にはよりよい商品を販売していただくよう呼びかけていく目的で、丹波篠山黒枝豆「販売解禁日」を設定しています。

平成30年度の「販売解禁日」は、平成30年10月5日(金曜日)でした。

丹波篠山黒枝豆 販売所マップはこちら→https://tourism.sasayama.jp/kuro-edamame/

ただ今年は夏の天候不順もあって、生育が遅れており、有馬カンツリー倶楽部では10日より販売を始めました。

販売終了は10月20日ごろの予定です。

ご来場の際には、お早めにお買い求めください。

■生産者:兵庫県篠山市 麻田馨さん

*******************************

★黒大豆枝豆のおいしいゆで方

◆材料・分量

・枝豆・・・500g

・塩・・・・120~150g

◆つくり方

① 枝豆を水洗いし、ボールに入れて両手でギュッギュッともんで毛を取ります。たっぷりの熱湯(2.5~3リットル)の中にそのまま入れてゆでます。

②8分くらいたったら食べてみて、少しかたいぐらいでザルにあけます。

※ゆですぎると甘みが減少します

③水をさっとかけるか、広げて一気にあら熱を取り冷蔵庫に入れておきます。

【ポイント】

ゆでた後、粋に冷ますのが緑色のままに仕上げるコツです。

(参考:丹波の食卓 http://www.tanba-kizuna.com)

*******************************

有馬カンツリー倶楽部や丹波篠山黒大豆枝豆への

ご意見・お問合せは

TEL:079-565-2111

Mail:sinarima@gmail.com

お気軽にお問合せください。

オフィシャルサイト→ http://www.arimacc.jp

有馬カンツリー倶楽部オフィシャルFacebook→https://www.facebook.com/ArimaCountryClub/

公式LINE

 

*******************************

Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!ぜひご覧ください。

「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」Facebook→https://www.facebook.com/Golfmanners/

*******************************

ディボット・スティックの一般販売サイト

ディボット・スティック販売サイトはこちら→http://www.arimacc.jp/divot-stick

アマゾン・ショップはこちら→https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00I17H7SM

*******************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。